UA72344

ドイツ軍アウストラット要塞28cm3連装砲沿岸砲

5940円(税込) 5400円(税抜)

MC004

4589462477040

press to zoom

press to zoom
1/1

press to zoom

press to zoom
1/1

press to zoom

press to zoom
1/1

press to zoom

press to zoom
1/1

press to zoom

press to zoom
1/1

アウストラット要塞はノルウェー・オーランドのアウストラットに現存するドイツ軍の沿岸砲要塞跡。第二次世界大戦中のドイツ軍占領時代の1942年にドイツ国防軍によりトロンハイムフィヨルド防衛のために建設された。この要塞の中心部には3連装の28cm SK C/34を備えた戦艦グナイゼナウの砲塔が設置されている。戦艦グナイゼナウはヒトラーの大型艦廃棄命令によって廃艦が決定し、第2・第3砲塔は3連装砲塔のままノルウェーの要塞に設置された。この3連装砲塔は重量800トン、730ポンド砲弾で38キロメートルの射程を誇った。1942年の海軍拡張計画の停止により3連装の28cm SK C/34砲塔は余剰となった。第1砲塔は単装砲に分割されてオランダに設置、第2・第3砲塔は3連装砲塔のままノルウェーの要塞に設置。1943年に砲撃試験が行われたが、終戦まで実際に交戦することはなかった。
最後に実弾が発射されたのは1953年で、1968年に退役、そして1991年からは博物館となっており、要塞地下施設及び弾庫を含む砲塔内部は一般公開されている。1968年までは実動可能だったため、第二次世界大戦中の沿岸砲の中では極めて良好な状態を保っている。

● 1/72スケールドイツ軍アウストラット要塞28cm3連砲塔をプラスチックモデルで再現。
● 巨大な砲塔台座付き。 部品構成はシンプルで組み立て易さを追求。
● 28cm砲はそれぞれ上下可動。砲塔は台座上で旋回可能。
※ このキットにデカールは付属しません。