FIST OF WAR®シリーズ

【FIST OF WAR®】シリーズは、「もし第二次世界大戦の終戦が2年遅れていたら、ペーパープランで終わった兵器開発がどのような発展を見ただろうか」、というコンセプトに基づいて展開するシリーズです。

また、多脚型に代表されるオーバーテクノロジーについては、その技術をドイツ軍が最初に手に入れ、そして世界中に広まっていくことになる過程を、模型を通じて想像性豊かに展開していきます。

German E-50 12.8cm L/66
ドイツ軍E-75駆逐戦車
"ヤークトティーガーⅡ"

製品番号: 47026 シリーズ番号: 26 JAN: 4589462470263 価格 4620円(税込)

UA35003-47026-PackageNew
47026-10
47026-7
47026-8
47026-6
47026-5
47026-4
47026-2
47026-3
47026-11
47026-9
47026-1
写真は試作サンプルです。

 E-75は、それまで複雑化を極めていた各戦車の開発における各種構成品を共通化して生産性を高め、また重量ごとに戦車の標準化を行う E計画のうちの中戦車として設計された。

 そのE計画は予定を大幅に超えて1943年10月には初期設計型の量産体制を確立、突貫で前線投入されることとなった。

 その中で、戦場にて故障または破損し回収されたE-50及びE-75の車体に、105mm砲または128mm砲を装備する固定戦闘室を取り付ける駆逐戦車への改造が行われた。量産状況のかんばしくなかったヤークトティーガーに挿げ替える形で「ヤークトティーガーⅡ」の名称を与えられ、400両あまりが製造された。

 E-75 ヤークトティーガーⅡは、250mmの前面装甲を誇る戦闘室に、重量バランスと照準の正確さを考慮し長大ながらもトラベルロックを必要としないPak 12.8cm L/66砲を装備。「マテリアルX」(チタンとタングステンの長所を掛け合わせたような金属)製の高圧過給機付軽量高出力エンジンと、洗練された耐久力の高い履帯及び懸架に加え量産に最適化されたシンプルな車体設計で、3000メートルの遠距離射撃から近接戦闘までをこなす、まさに高機動駆逐戦車となったのである。

(フィスト・オブ・ウォーⓇより)

 

【製品仕様】
■E-75駆逐戦車”ヤークトティーガーⅡ”を1/35スケールで再現。。
■中型戦車をベースとしながらも巨大な12.8cm砲を搭載した固定戦闘室は独自考証に基づくデザイン。
■パーツ数を押さえ組み立てやすさを追求しつつ、溶接痕やシャープなエッジなどリアルなモールドは最先端のクオリティ。
■砲身上下可動、主砲装填部も再現。
■転輪はすべて別パーツ、履帯はリアルな分割接着式(履帯は左右共通となります)。スプリングユニットは左右各4機の2重転輪。
■豊富な車外装備品と水転写デカール入り。

■製品サイズ: 約290mm/110mm/85mm(完成時・砲身含む)
※本製品は未組立・未塗装の組立式模型です。イラスト及び写真は製品のイメージです。実際の製品と異なる部分ある場合があります。


●1/35スケール組立式プラスチックモデル。
●このキットには"E-75ヤークトティーガーⅡ"1両分のパーツが入っています。フィギュア及び背景に含まれるその他のものは含まれません。
●組立には別売りのニッパー及びヤスリ、ピンバイス等の模型専用工具と接着剤が必要です。
●本製品は塗装されておりません。塗装には模型専用の塗料をご使用ください。
●本製品は玩具ではありません。対象年齢15歳以上。